出会いアプリで出会った30代営業職の女性との体験談

ランニングが趣味の女性とのやりとり私は30歳男性、教育関係の仕事をしています。女性との出会いがないため、出会い系アプリを利用して、女性との出会いを探していました。

 

私はランニングが趣味で、同じ趣味を共有できる女性がいないか探していたところ、同じ地域に住む32歳の女性を見つけたので、メッセージを送ってみました。ランニング、マラソンのベテランみたいで、話が合いそうに思いました。

 

すると、その日のうちに返事が返ってきて、やりとりが始まりました。バリバリのキャリアウーマンらしく、朝早くから夜まで仕事をしているそうです。よって、返信は夜になりましたが、必ず毎日のように返事をくれました。

 

長文が好きで、すごく丁寧に返信をくれて、好印象を持ちました。居酒屋で初めての出会いやりとり開始から10日で、女性からLINE交換の申し出があり、アプリからLINEでのやりとりに変わりました。仕事のことやマラソン大会、練習のことなど、すごくマメに報告してくれて、楽しいやりとりが続いていました。

 

そして、やりとり開始から2週間が経過した頃、お酒が強いとか弱いの話になり、女性の方から「一度飲みに行きましょう」という誘いがありました。私は「あまり強くありませんが、是非行きましょう」と答え、初めてお会いすることになりました。それから日程や場所を合わせるのに濃密なやりとりが続きました。年上で積極的な女性だったため、場所の決定や予約は女性にお任せしました。

 

そうして、女性が決めてくれた居酒屋で初めてお会いすることになったのです。女性との4時間半アプリのプロフィールには女性の顔写真は載っていなかったため、顔は分かりませんでしたが、実際にお会いしてみると、想像していたより少し老けていて、体型もガッチリしていました。

 

ランナーなのでスラリとした体型を想像していましたが、少し想定外でした。顔は可愛い系でも綺麗系でもなく、本当にキャリアウーマンという感じでした。居酒屋でお酒を飲み交わしながら、いろいろな話をしました。

 

当初は2時間の予定でしたが、予想以上に話が盛り上がり、結局は4時間も話していました。趣味のマラソンの話はもちろん、仕事の話など、話すネタは尽きませんでした。ある程度引っ張ってくれる女性だったので、そこは助かりました。

 

帰りはお互い自転車で来ていたため、一緒について帰りました。夜も遅かったため、私は女性をアパートまで送りました。女性は出会った後も私に対して好印象を持ってくれていたみたいで、やりとりする関係は続きました。やはり趣味が同じというのは大きくて、少なくとも友達としての関係は続けられますから、出会いが無意味なものとなりません。いい出会いとなってよかったです。