出会い系でメッセージをもらえない理由とは?

出会い系でメッセージをもらうためには女性の立場になる事が大切だと考えています。
私の場合は熟女・人妻が中心なので、人妻系と会うためのメッセージのやり取りを中心に記しますがどの年代でも効果があると思います。

 

人妻と会いたい時に多くの人が、[妻とセックスレスで寂しい]と書き込みます。
これに対して女性は[私は貴方の奥さんの代わりでは無い]と思うのです。

 

[夫に相手にされなくて欲求不満な奥さんいますか?]なんて書く人も多いのが気になります。
又、夫に相手にされないというのは女性のプライドを傷つけます。

 

不倫した時に人妻が[夫に相手にされないから]というのは、不倫に対しての言い訳であり、
自分が悪いのではなく、相手をしてくれない夫にも責任があるという事で、決して募集する時に男性側から言って良い言葉ではありません。

 

又、本当にセックスだけしたいと言う人も多いでしょうけれど、多くの女性は疑似であれ恋愛感情も持ち合たいものです。疑似恋愛を深く考えることはありません。

 

メッセージを送る時に相手の文章をさりげなく褒めるだけでいいのです。
品がある文章に魅かれました。文章から品格を感じました程度でも良いのです。

 

いきなりこちらのスケジュールを伝え、いついつなら会える・・なんて言う文章に返事が来ないのは当たり前です。
疑似恋愛とはいえ、恋愛ですからいきなりは無いのです。

 

実際の恋で一緒でしょ?
メッセージはラブレターと思わないといけません。

 

そして、その女性には沢山のメッセージが来ています。
返事が来ないのは、その女性に魅力的に貴方の文章がうつらないからですから、
ここは少し無理をしないといけません。

 

無理とは相手が負担に成らない程度にリードするということです。
デートコースは季節が良ければ公園も良いでしょうし、夏やら冬なら美術館や水族館なども良いでしょう。女性に私はセックスだけの相手ではないと言うプライドを持たせる必要があります。

 

美味しいお店は当然探しておくでしょうが、それでお互いが気に入ったら大人の関係になりましょうで良いと思います。

 

最初に書き込むメッセージにも、ここまでに書いた要素を入れてみましょう。
メッセージが来たら、次のメッセージにも、同じ視点の文章を書いてみましょう。

 

女性には自分自身に対しての言い訳も必要です。
単なるセックスだけでなく、リッチな時間を過ごせるかも重要です。
そのヒントをメッセージに託しましょう。

 

人の奥様を抱くのですから、多少の出費は覚悟して楽しみましょう。

 

私はこれで確率はあがりました。
というより、こういう視点でメッセージを書くことで
やっと出会えたと言った方が良いかもしれません。