出会い系にはどんな法律がある?

出会い系は誰でも気軽に使うことが出来ますが、子供たちを危険から守るために「出会い系サイト規制法」という法律がしっかり定められています。

 

どんな規制があるのか知らない人も多いと思うので、今回はどのような規制があるのか紹介していきたいと思います。

 

 

出会い系の規制法とは?

 

出会い系サイト規制法と言われていますが、正式名所は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」という名前です。

 

警察

 

出会い系を利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護し、もって児童の健全な育成に資することを目的としています。

 

出会い系で児童というのは、18歳未満のことを指しています。

 

難しい言葉で言うとよくわからないとい人のために簡単に言うと、児童売春や児童の性犯罪などの犯罪を防止するための法律です。

 

昔からありますが、平成20年には規制が強化され改正施行されました。

 

 

どのような法律なのか

 

まず出会い系の事業を行うためには、警察に届け出を出さなくてはいけません。
そして利用者が児童買春などの犯罪をしないように規制します。

 

18禁

 

悪質の出会い系はこの届出を出していないので登録番号が記載されていなかったり、知名度がない、ポイント制&月額制でないことがほとんどなので要注意です。

 

出会い系で児童を相手にして性交の関係を求めたり、金品を目的とした交際を求める書込みをすると処罰の対象になります。

 

といっても18歳未満の子供が出会い系を使ってはいけません!!
そのため18禁と表示する必要がありますし、18歳未満の子供は利用していけないことを書くように事業を行う人に求められています。

 

なので大手出会い系では、必ず出会い系を登録する際に年齢確認をすることも求められています。
年齢確認では、生年月日のわかる身分証明書の提示などを表示して、確認をします。

 

悪質な出会い系では、年齢確認を行っていない所もありますが、そのようなサイトは違法な出会い系なので、使わないようにして下さい!!

 

出会い系サイトの犯罪では、児童買春や強姦、児童ポルノの犯罪が多く起こっています。
このような法律が定められていても、犯罪が全て無くなったということではありません。

 

 

 

罰則の内容とは?

 

出会い系を利用した児童を誘引した人は、100万円以下の罰金が科せられます。内容によっては実刑をくらう場合もあります。

 

また届け出をしないで出会い系サイトの事業を行った人や名義を貸した人、都道府県公安委員会の指示に反した人は6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

 

児童犯罪

 

そして都道府県公安委員会の事業停止や廃止命令に違反した人は、1年以上の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

 

この他にも色々な罰則があります。とにかく未成年には手を出さないことが何より重要です。

 

 

 

まとめ

 

まずは出会い系には法律が定められていることを知っておきましょう。そして児童(18未満)は使うことが出来ないということをしっかり覚えておきましょう。

 

また使っている大人は児童に手を出してしまうと犯罪になってしまので、絶対に手を出さない!!

 

出会い系を使うのであれば上記のことを注意して利用していきましょう。