女子大生と出会系アプリで出会った20代男性のエピソード

女子大生とのやりとり私は29歳男性です。出会い系アプリで女性との出会いを探していました。好きなアーティストが同じ女性と仲良くなれたらいいなと思い、共通のコミュニティで女性を検索しました。

 

すると、少し住んでいる地域が離れていましたが、好きなアーティストのコミュニティに入っている21歳の女子大学生を見つけたのでメッセージを送ってみました。

 

すると、間もなくして返事が返ってきて、その好きなアーティストについて、熱いやりとりが始まりました。好きな曲や、どのライブに行ったかなど、毎日のようにマメに楽しくやりとりをしました。日が経つにつれて、お互いに好印象を持っていったと思います。

 

女子大生に彼氏ができ撃沈住んでいる場所が離れていたため、会うということはありませんでしたが、いい感じでやりとりを続けていたところ、やりとり開始から1ヶ月半くらいが経過した頃でしょうか、いきなり女子大生から、「他にやりとりしていた男性とお付き合いすることになったのでこのアプリやめます」というメッセージが来たのです。私は一瞬何を言っているのか分からず、パニックになりました。

 

もちろんアプリ上では複数の方とやりとりをすることはあるのですが、これだけいい感じにやりとりが出来ていたのになぜという悔しい気持ちがこみ上げてきました。私自身もスムーズにやりとりが進んで安心しきっていた部分があり、女子大生に対する気持ちは伝えていなかったのは後悔が残ります。

 

女子大生も「遊ばれていると思っていた」と言っていました。でも私の本心は女性に対して好意を抱いていたし、他の男性と付き合うことになるなんて想像もしていなかったのです。

 

友達として関係を継続それでも女子大生は私を信頼してくれていたみたいで、連絡先、LINEの交換をして、今後も友達として繋がっていたいと言ってくれました。これはこれで私は嬉しかったのですが、心の底にはそのまま何か諦めきれない気持ちが疼いていました。

 

女性8

それからたまにはLINEでやりとりする関係が続きました。そして、ある音楽のCDを交換することを目的として、初めてお会いすることになったのです。

 

地域は離れていたのですが、このときは女子大生が私の元へ出向いてくれました。私が車で駅まで迎えに行って、近くの喫茶店で1時間半程度お話をしました。

 

女子大生は特にこれといった特徴がなく地味な印象でした。落ち着いていて、私と波長は合っているように思いました。パフェも奢ったりして、いい感じの出会いにはなったと思います。女子大生との関係が破綻出会ったときに次回に会う約束も取り付けました。

 

しかし、その後、女子大生の彼に難癖をつけられたらしく、もう会えないと言われてしまいました。

 

私は「約束は守ってほしい」と言いましたが、「彼の方が大事だから」と約束は裏切られ、おまけに「前に会ったとき、また会いたいとはあまり思わなかった」と言ってきたのです。

 

これにはすごくショックでした。少なからず想いもあった女子大生に対して、完全にそっぽを向かれてしまったのです。それからLINEを通して口論になり、そのまま連絡を取り合うことはなくなりました。アプリを通して出会うことは出来ましたが、すごく苦い思い出となりました。

 

やりとりを慎重に続けることも大事ですが、あまりにだらだらとしていると、他の男性に取られてしまうこともあると、いい教訓にはなりました。