30代同士の出会い系サイトでの体験談

友達の恋活に付き合って、高学歴高収入の男性限定の婚活パーティーに参加したんです。でも、美容系専門学校を卒業したのに、一年で飽きてやめてしまって、ずっとあちこちの会社で契約社員として働いて特に資格もない私は浮きまくってしまい、自分にはどんな場所でなら見合う相手に出会えるのかと自問自答した結果、出会い系サイトに登録をしたんです。

 

出会い系サイトなら、ハイスペックな男性に気後れしたり、小バカにされたあしらいかたをされずに済むだろうと考えたんです。友達にも内緒ですが、私はいまだにバージンです。学生のときに付き合った彼にホテルに誘われて、どうしても決心がつかずに断った結果、もったいぶるな、とその場で別れを告げられてから、男性に負い目を感じてしまうようになりました。

 

でも、30歳になってから、逆に私って貴重な存在なのかもと思えたんです。別に負い目を感じることはなかったと思ってから、逆に結婚するまでしなくてもいいくらいに思えています。出会い系サイトで出会ったとしても簡単にはいたさないと決めていました。

 

そんな男はこっちから願い下げです。何人か会ってみましたが、ぴんとこなかったのですが、ようやくひとつ上の男性と、お付き合いしましょうかという段階にまでなりました。

 

彼は朝から晩までかなりハードな仕事をしていて、メールをしてから会うまでに1週間かかりました。その次のデートも2週間後、でも深夜でも必ずメールをくれたり、マメな人で、仕事熱心でまじめ、結婚相手として間違いないようなタイプの人でした。

 

男女4

あまり会えないけど3ヶ月経ち、会うたびに好きだなと思いましたが、なかなか恋人同士というより親しい人だから友達という域を出ない感じでした。私は自分で結婚するまでしなくてもいいくらいに決めたくせに、彼と会うと、早く誘ってくれないかなと期待するようになりました。でも、全然で。

 

それが不満だったり不安だったり、言い出そうかと悩んだり恋愛初心者過ぎて戸惑いました。でも4ヶ月経ったときに思いきって手を繋いでみました。彼はめちゃくちゃ緊張していて、もしかして彼もしたことないのかもと思いました。

 

それがなぜかすごく嬉しくて、そのまままた一ヶ月が過ぎました。きっとお付き合いはもう始まっていて、これからも続いていくと思います。

 

でも私たち二人が本当に結ばれるのは、結婚を決めたときか、新婚初夜な気がします。なんかそれもロマンチックですよね。