僕が体験して中学時代の恋愛体験

20代フリーター男性で当時中学生です。思春期で何かと多感な中学生時代、周りにどんどんカップルができている中それを良いなと思いつつ自分には一切そういう経験がなく、何とかして彼女ができないものかと思っていました。

 

中学三年生になりみんなが次第に受験モードに入って行く中、私はパソコンでオンラインオセロばかりしていて、オセロが特別好きなわけではなくそこで知り合える人たちとの交流が一番の楽しみでした。その中で一人、同い年の女の子と知り合いました。隣の県に住んでいて年齢が近いこともありよく話をしていたのですが、ある日お互いに子供好きということで小さい子供について話している中で、双子がほしいと彼女が言うのでそれなら作ってみようと言うと彼女は乗り気でOKを出しました。

 

正直これが付き合うことになるのかどうかわからなかったので念のため聞いてみたら、今日から付き合うんでしょと言われたのでその日から会ったことも無い女の子と付き合うことになりました。

 

さすがに会ったことないのはどうかと思った私は、お互いに予定の合う一ヶ月後に私の地元で会う約束をして実際に会う日がやってきました。見た目に自信のなかった私は使い慣れていないワックスで髪を盛ってできる限りお洒落な格好で待ち合わせ場所に行くと同い年くらいの可愛い女の子がいて、どうやらその子が彼女のようでした。

 

その日はファミレスに入りお互いの色んなことを話して帰りました。更に一ヶ月程経ち、母子家庭でたまに母親が夜勤で夜いないという彼女の家に泊まりに行くことになりました。

 

一ヶ月ぶりの彼女との再会でテンションの上がっていた私はその日彼女の家で初めてキスして初体験も済ませました。翌朝彼女の母親が帰ってきて、本当はそれまでに帰る予定だったのですが勇気を出して挨拶をすることにし、そして私たちは彼女の親公認で付き合えることになりました。

 

中学生と言うのは悲しくも自分でお金を稼ぐことができず、親に甘え親のお小遣いで全てを行わなければならず、私は月一でもらえるお金で毎月一回彼女に会いに行き、会えないときは電話で毎日のように話していました。

 

会いに行ったときも毎回泊まるわけではなく、彼女の家から近い大きな駅の周辺で終電のある限り彼女とずっと一緒にいるという生活が続きました。

 

年越しが終わり、彼女に浮かれて勉強なんてしていなかった私ですが元々勉強は結構できる方だったので、勉強せずに今の学力で余裕で行ける高校に進学を決めていたのですが、そんな時に彼女の様子が変に感じる時期がありました。

 

何かあったのは間違いないのですが何があったのか頑なに語ろうとせず、根気良く聞いていくうちに打ち明けてくれたのは当時の私としてはショックな出来事でした。私たちは言わばネットでの出会いなのですが、彼女は私と付き合っている期間に同じようにネットで他の男性と知り合っていて、そして知り合った中で一回り以上年上の男性とドライブに行きそのままホテルに行ったそうなのです。

 

初めての彼女なのでこういうときにどうしたら良いかわからず、とりあえず別れないためにはこのことに対して怒ってはいけないと判断した私ですが、その判断が間違っていました。彼女自身自分の行いが悪かったと思っている分、そのことについてちゃんと怒ってほしかったらしく、その上でまたやり直せたらと思っていたそうなのです。

 

ですが中学生にそこまでわかるものではありません。そういった擦れ違いの中私たちは別れることになりました。私は初めてできた彼女を寝取られて別れるという経験をしたおかげでその後ちょっと捻くれた性格になった訳ですが、思い返せば良い思い出です。